エックスサーバーの初期ドメインから独自ドメインへ移行する方法

ブログ運営

エックスサーバーの初期ドメイン(XXXX.xsrv.jp)でブログをある程度運用した後、独自ドメインに変更する必要が生じた場合に必要な移行方法を解説します。

今回はSSHを使ってスマートに作業を行う手順にしてあります。

SSHとは、サーバーにログインしてコマンド操作をするためのプログラムのことです。

そんなの使ったことない、という方でもできるよう丁寧に説明するので安心してください。

この作業の前提として、新しいドメインの契約、サーバーへのドメイン設定(SSL設定)、ワードプレスのインストールは完了しているものとします。

まだそこまで進めていないという場合は、以下の記事を参考に進めてください。

スポンサーリンク

ワードプレスの資材を移動する

SSHでサーバーにログインする

ワードプレスの資材を移動させるためにサーバーにSSHでログインします。

まずはSSHを許可する設定を行うため、サーバーパネルへログインします。

サーバーパネルのメニューから「SSH設定」を選択します。

上記画像ではONになっていますが、おそらくデフォルトではOFFになっていると思いますので、「ONにする」を選択して、「設定する」を押します。

次に、「公開鍵認証用鍵ペアの生成」タブを選択し、「パスフレーズ」を入力します。

「パスフレーズ」はパスワードと思ってもらって大丈夫です。

今回一回だけですので何でも構いません。

入力を終えたら「確認画面へ進む」を押します。

「生成する」を押すとキーファイルがダウンロードされます。

次は実際にSSHでサーバーへログインを行うのですが、SSHでサーバーにログインするにはターミナルソフトが必要です。

インストールされていない方は、以下のリンクから「Tera Term」をインストールしてください。

「Tera Term」定番のターミナルエミュレーター – 窓の杜

インストールを終えたらTera Termを起動します。

「ホスト」には移行元ドメイン(XXXX.xsrv.jp)を入力します

「TCPポート」22ではなく、10022へ変更し、「OK」を押します。

「ユーザー名」はサーバーパネルへのログインの際に使用している「サーバーID」を入力、「パスフレーズ」はさきほど決めたものを入力します。

「Authentication methods」「RSA/DSA・・・」を選択し、右側の「…」のボタンを押して先ほどダウンロードしたキーファイルを選択します。

キーファイル選択の際、「秘密鍵ファイル」と指定されていてファイルが発見できない場合がありますので、「全てのファイル」に切り替えて探してみてください。

全て入力を終えたら「OK」を押してログインします。

このような画面が表示されたらログイン成功です。

資材ファイルをコピーする

まずは以下のコマンドを入力し、エンターを押します。

ls

lsコマンドはファイルの一覧を表示させます。

出力に移行元ドメイン移行先ドメインの二つがあることを確認します。

さらに、それぞれのドメインのファイルが想定どおりに配置されていることを確認するため、以下のコマンドを入力してください。

ls [移行元ドメイン]/public_html/
ls [移行先ドメイン]/public_html/

一つ一つのファイル名を確認したりする必要はありません。

ファイルが全く無いような状況でなければ大丈夫です。

いよいよファイルをコピーします。

cpコマンドはファイルをコピーするコマンドです。

cp [コピー元ファイル] [コピー先ファイル]という構文ですので、順番を間違えないように注意してください。

cp -rp [移行元ドメイン]/public_html/* [移行先]/public_html/

成功時はこのように何も出力されません。

.htaccessファイルを編集する

移行元ドメインにアクセスされた際、移行先ドメインへ自動で転送するように設定を行います。

この設定はGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)でURLの変更を行う際の前提条件になっているので必ず先に行うようにしましょう。

まずは現在のファイルの中身を確認します。

catコマンドはファイルの中身を出力します。

cat [移行元ドメイン]/public_html/.htaccess

とりあえず何か出力されれば大丈夫です。

次は.htaccessに転送の設定を加えます。

echoコマンドは入力された文字列をそのまま出力するコマンドです。

>>は右のファイルの一番下に付け加えるという意味なので、echo [文字列] >> [ファイル名]とすると、文字列がファイルの一番下に付け加えられるということです。

echo Redirect 301 / http://[移行先ドメイン] >> [移行元ドメイン]/public_html/.htaccess

ファイルの中身を確認します。

cat [移行元ドメイン]/public_html/.htaccess

最後に「Redirect …」と出力されていることを確認します。

変なところにスペースがはいっていないかも注意してください。

うまくできなかった場合は、サーバーパネルから「.htaccess編集」を選んで修正してください。

ここまで終わればもうSSHは使用しないのでログアウトします。

 exit

サーバーパネルに戻り、SSH設定を無効にします。

サーバーパネルのメニューから「SSH設定」を選び、「OFFにする」にチェックを入れて、「設定する」を押せば完了です。

データベース上に設定されたURLを変更する

ワードプレスの設定の書き換えを行う

移行元ドメインのワードプレスにログインします。

「Invisible reCaptcha」を使用している場合、ログインができなくなる可能性があるため、先に停止させておく必要があります。

ワードプレスのメニューから「プラグイン」を選択、「Invisible reCaptcha」「停止」します。

次に、ワードプレスのメニューから「設定」→「一般」を選択。

「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」移行先ドメインに変更し、「変更を保存」します。

すると、一度ログアウトさせられ、移行先ドメインのログイン画面が表示されます。

普通にログインができれば問題ありません。

「Invisible reCaptcha」を停止していなかった場合、このように表示され、ログインできなくなります。

 https://[移行元ドメイン]/wp-login.php?redirect_to=http%3A%2F%2F[移行元ドメイン]%2Fwp-admin%2F&reauth=1 

その場合はこのようなURLをブラウザに入力することでログインができるようになります。

Google reCAPTCHAに移行先ドメインを登録する

この手順は「Invisible reCaptcha」及び「Google reCAPTHCA」を使用していない場合は必要ありません。

移行先ドメインを「Google reCAPTCHA」に登録します。

「Admin console」をクリックします。

画面右上にある「+」をクリック。

「ラベル」は何でも構いませんが、例えばわかりやすく移行先ドメインのURLを入力、「reCAPTCHA タイプ」v3を選択。

「ドメイン」移行先ドメイン「オーナー」はGoogleアカウントのメールアドレスが入力されていますので、意図がなければそのまま。

最後に「送信」を押します。

このような画面に「サイトキー」「シークレットキー」が出力されるので、このまま開いておきます。

ワードプレスのプラグインの一覧に戻り、「Invisible reCaptcha」「有効化」します。

ワードプレスのメニューから「設定」→「Invisible reCaptcha」を選択。

「Your Site Key」「Your Secret Key」に、先ほど「Google reCAPTCHA」で取得した「サイトキー」「シークレットキー」を入力し、「変更を保存」します。

一度ログアウトし、ログイン画面にこのように表示されていれば完了です。

動作確認を行う

ここまでの作業で、ドメインの移行作業の大部分は終わりました。

ここで動作確認をしておきましょう。

  • ブラウザに移行先ドメインのURLを入力し、ブログが正常に見れるかを確認する
  • ブラウザに移行元ドメインのURLを入力し、自動的に移行先ドメインへ転送されるかを確認する

問題がなければ次の作業に移りましょう。

その他の設定変更を行う

インストールしているプラグインやテーマ、使用しているサービスによっては追加の作業が必要になります。

必要なものを選んで作業してください。

なお、私の環境で確認した内容ですので環境によって不足があるかもしれませんがご容赦ください。

Google Analyticsを利用している場合

登録されているURLを変更する必要があります。

トラッキングIDは変更しないため、ワードプレスのプラグイン等に変更は必要ありません。

左側のメニューから「管理」を選択。

「プロパティ設定」をクリック。

「デフォルトのURL」移行先ドメインに変更して、「保存」する。

「管理」に戻り、「ビューの設定」を選択。

「ウェブサイトのURL」移行先ドメインに変更し、「保存」する。

Google Search Consoleを利用している場合

移行先ドメインを登録し、「アドレス変更ツール」を実行する必要があります。

左上の移行元アドレスをクリックし、「プロパティを追加」を選択。

「URLプレフィックス」移行先ドメインのURLを入力し、「続行」します。

これで移行先ドメインを登録できました。

新しいバージョンのGoogle Search Consoleにはまだ「アドレス変更ツール」が実装されていないため、以前のバージョンに戻してツールを実行する必要があります。(2019年8月現在)

左側のメニューの下にある「以前のバージョンに戻す」をクリック。

右上のURLを移行元ドメインにして、右にある歯車マークの横の▼をクリック。

「アドレス変更」を選択します。

移行先ドメインを選択、「確認」を押して、「送信」します。

このように表示されれば完了です。

HTTPS化を行っている場合

移行元ドメインから資材の移動をしましたが、.htaccessは移動していません。

そのため、リダイレクト設定を再度行う必要があります。

以下の記事の「HTTP→HTTPSリダイレクトを設定する」を参考にしてください。

Cocoonでホームボタンを設置している場合

無料テーマのCocoonを使用している場合、上記のホームボタンの遷移先URLが移行元ドメインになっています。(マウスオーバーすると確認できます)

リダイレクト(転送)されるので、動作上は問題ないと思いますが、気になる方は修正しましょう。

ワードプレスのメニューから「外観」→「カスタマイズ」を選択。

「メニュー」→「メニュー1」と進め、「ホーム」をクリック。

URLを移行先ドメインに修正します。

初期インストールされているプラグインが残っている

資材のコピーをしても、初期インストールされているプラグインは残っています。

以下の記事中の「初期インストールされているプラグイン」を参考にして削除しましょう。

Cocoonのスキンがデフォルトになっている

無料テーマCocoonを使用している場合、テーマがデフォルトに戻っています。

以下の記事中の「Cocoonのスキンを設定する」を参考にスキンを設定しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました