【冒険攻略】山

Hill Climb Racing 2 攻略

は険しい山道を走るコースで、途中に吊り橋、宙返りポイントなどのポイントが現れます。

スポンサーリンク

コース攻略のポイント

車種とチューニングパーツ

車種はラリーカーデューンバギーが有力です。

パーツは登り坂と宙返り時の丸太の上での加速のため、冬用タイヤが有効です。

また、8,700m付近から燃料不足と戦いながら山を登るため、噴煙ブーストの選択も良いでしょう。

急な壁の登り方

後述のポイント一覧では触れていませんが、山では垂直に近い壁を登る箇所が何度かありますので、登り方のポイントを説明します。

加速して壁を登り、出口と同じ高さになったらブレーキを掛けます。

すると車体が前に倒れ、壁の上に乗ることができます。

宙返りポイントの基本

山では壁の横にジャンプ台が取り付けられ、斜め後ろにある丸太に乗り移るような宙返りポイントがいくつも出現します。

それぞれ距離や高さなどのセッティングが異なり、一概に攻略方法を説明できませんが、宙返り時に車体をコントロールする基本的な操作を説明します。

まずはジャンプ台に入り、そのままアクセルを踏み続けると車体は後ろに倒れ、斜め後ろ方向に進みます。

丸太と同じくらいの高さになったらブレーキを掛け、車体を前に倒していき、丸太に着地します。

ブレーキを掛けるまでの空中でのアクセルの長さでどれくらい後ろに飛ぶかを調節します。

下り坂はとにかくゆっくりと

山では急な下り坂が何度も現れます。

下り坂の途中に燃料がある場合も多く、また単純に下り坂でスピードが出過ぎると地面や壁に激突してドライバーダウンになる危険性も高くなります。

場合によってはスピードが出過ぎた状態で吊り橋に落ちると、タイヤが吊り橋にはまってしまうこともありますので注意しましょう。

ポイント一覧

ポイント一覧は、私が記録を撮影できる度に追加、更新していきます。

そのため、画像の車種、パーツが異なる場合がありますがご了承ください。

距離種類内容危険度
130m燃料
210m燃料
290m燃料
370m燃料
450m燃料
530m燃料
610m燃料
730m燃料
850m燃料
970m燃料
1072m燃料
1190m燃料
1330m燃料
1450m燃料
1612m燃料
1770m燃料
1931n燃料
2138m燃料
2300m燃料
2461m燃料
2661m燃料
2836m燃料
3072m燃料
3178m宙返り最初の宙返りポイント。
天井などがないため、思い切り飛べば問題ない。
ウィングス装備だと手前の山の頂上から飛んで浮いた道の上に着地できるが、やる必要はない。
3270m燃料
3470m燃料
3550m宙返り屋内の宙返りポイント。
ジャンプ台と丸太の位置が近いため、軽く飛んでも大丈夫。


3681m燃料
3805m宙返り屋内の宙返りポイント。
3,550mのものとあまり変わらない。


3894m燃料
3971m宙返り屋外の宙返りポイント。
やはり天井がないためそれほど難しくはない。
燃料には余裕があるため、不安があれば大きめに飛んだ方が良い。
4135m燃料
4375m燃料
4393m下り坂急な下り坂。
この先に洞窟が待っているため、あまりジャンプせず、ブレーキをかけながらゆっくりと下る。
4585m宙返り屋内の宙返りポイント。
ジャンプ台に対して丸太が高い位置にあり、丸太と天井の位置も近い。
踏み切ったら車体を後ろに倒し過ぎずに垂直に飛び、場合によっては軽く天井にフロントをぶつけて丸太に乗る。
乗ったあとは、丸太から道路までの距離が少しあるので、助走距離が足りなければ軽くバックしてから踏み切る。




4635m燃料
4811m宙返り屋内の宙返りポイント。
ジャンプ台に対し、丸太がすぐ後ろにある。
ゆっくりめにジャンプ台に入り、ジャンプ台に角度がついていて何もしないと後ろに飛びすぎるので、すぐにブレーキを踏んで姿勢を整える。
飛びすぎた場合でも、ある程度なら後ろの壁に軽くあてて丸太に乗れる。




4911m燃料
5011m宙返り屋内の宙返りポイント。
ジャンプ台に対し、丸太が高い位置にあり、天井も近い。
踏み切ったままアクセルを踏み、丸太が近づいたらブレーキを踏んで、車体を垂直に近づけながら天井にかるくぶつけ、丸太に乗る。


5178m燃料
5418m燃料ここから先、宙返りポイントで失敗すると燃料が危なくなるので注意。
5540m宙返り屋内の宙返りポイント。
普通にジャンプ台で踏み切って丸太に乗るのは難しい。
手前の山からジャンプして直接丸太に乗る。
行き過ぎた場合はバックして助走距離を取ってジャンプする。




5607m下り坂宙返りポイントを出てすぐのところ。
すぐ下に吊り橋があってその先が洞窟の宙返りポイントなので、ジャンプせずにゆっくりと下る。
5697m宙返り画像のポイントから踏み切って、直接丸太に乗る。
ジャンプ台から入ると、丸太の上の踏切板を崩してしまう可能性が高い。



5720m燃料
5951m下り坂この下り坂の途中に燃料がある。
取れなくても次の燃料まで持たすこともできるが、安全のため、できれば取っておきたい。
しっかりブレーキをかけて下ればとれる。
6001m燃料飛び越え注意!
6105m下り坂長く急な下り坂になっているため、吊り橋から思い切りジャンプすると、下の吊り橋に刺さったり、思わぬアクシデントの危険性がある。
6,001mの燃料を取っていればゆっくりと走るのがおすすめ。
ここから数えて二個目の吊り橋の下に燃料があるので、そこもゆっくり進んでいかないと取れない。

6281m燃料
6343m宙返り丸太の上に踏切板があるタイプの宙返りポイント。
先のものと同じく、画像の地点からジャンプして丸太に直接乗る。
洞窟を出るとすぐに下り坂があってまた次の宙返りポイントが待っているため、ゆっくりと下る。




6464m宙返り屋内の宙返りポイント。
画像の位置からジャンプして丸太に乗るが、今までよりも丸太まで距離があって難しい。
うまく飛距離を調節し、丸太と天井の間を通り抜ける。




6582m燃料
6830m宙返り丸太の上に踏切板があるタイプの宙返りポイント。
画像の位置からジャンプする。
画像は一度失敗して踏切板を崩してしまったが、石に乗ってジャンプすると道路まで届く場合もある。




6884m燃料
7165m燃料
7412m下り坂下り坂の途中に燃料がある。
ゆっくりと下る。


7445m燃料
7544m下り坂長く続く下り坂。
ブレーキを掛けながら下る。
7764m燃料
7797m下り坂長く続く下り坂。
ブレーキを掛けながら下る。
8021m下り坂下り坂の途中に燃料がある。
ゆっくりと下る。
8088m燃料
8405m燃料
8725m燃料
8768m宙返り久しぶりの宙返りポイント。
丸太が少し離れているので、アクセルを長めに踏んで車体を後ろに倒して飛ぶ。
丸太からジャンプした先が登り坂になっているため、狭いが平らなところに着地して登り始める。






9058m燃料飛び越え注意。
登ってきた先にあるため、思い切りジャンプすると飛び越してしまう。
9125m宙返り宙返りポイント。
丸太が低いため、ゆっくりジャンプ台に入って飛ぶ。




9353m下り坂下り坂の途中に燃料がある。
燃料警告が出てもあせらずゆっくり下る。
9426m燃料飛び越え注意。
9613m宙返り宙返りポイント。
丸太が低いため、ゆっくりとジャンプ台に入って飛ぶ。
画像は飛びすぎてしまったが、天井と後ろの壁が良い位置にあるので軽くぶつけても大丈夫。



9637m下り坂洞窟を出るとすぐに下り坂。
一個目の吊り橋のあと、途中に燃料がある。
吊り橋で弾み過ぎないように慎重に。
9793m燃料飛び越え注意。
本当にゆっくりでないと、取りこぼしてしまう。

10155m宙返り
     
宙返りポイント。
丸太と天井の間が狭く、難しい。


これは失敗。

危険度

危険度は最大星3つで、完全に私の主観で採点していますので参考程度にお読みください。

単純なコースの難易度というわけではなく、この箇所が原因で失敗になってしまう危険性を表しています。

例えば、飛び超えてしまいがちな燃料などは知っていればクリアは簡単ですが、燃料不足になる可能性が高いケースなどは危険度が高くなる場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました