画像編集サービスCanvaの使い方

ブログ運営

ブログを作成していると画像を編集したい場面が多々あります。

Windowsペイントではちょっと機能が足りない、Photoshopには慣れてないし、もっと手軽に編集したいという方におすすめなのがCanvaというサービスです。

ウェブ上で手軽に画像を編集したり、文字を加えたりすることができます。

基本的には操作は簡単ですので、Windowsペイントを使ったことがある方であればすぐに使いこなせるようになると思います。

スポンサーリンク

Canvaにログインし、編集を始める

まずはCanvaにログインしましょう。

Canvaを使用するにはアカウントを作成する必要がありますが、FacebookGoogleのアカウントを持っていれば、アカウント連携で簡単にログインすることができます。

ログインするとこのような画面が表示されます。

左側の「デザインを作成」をクリックすると、作成する画像のサイズを選択できます。

表示されているような規定のサイズを使用しても良いですし、「カスタムサイズ」を選択すれば、サイズを指定することもできます。

今回は1280×630というサイズで画像作成を始めます。

サイズを選んだら、このような編集画面に移ります。

Canvaの各機能の説明

ここでは、Canvaの機能を簡単に説明していきます。

まずは「テンプレート」機能です。

数多くあるテンプレートからお好きなものを探してクリックすれば、右側のキャンバスに表示され、ここから編集を開始することができます。

Canvaのテンプレートは本当におしゃれなものが多く、そのまま使用しなくても見ているだけでデザインの勉強になります。

次は「写真」機能です。

一番左のタブで「写真」を選択、表示される写真をクリックすれば、右側のキャンパスに表示されます。

画像は向きやサイズの変更などが可能です。

また、キーワードを入力して関連する写真を検索することもできます。

「素材」タブでは、図形やグラフなどを使用することができます。

「テキスト」タブでは、サイズやフォントがあらかじめ設定されているサンプルから選択することが可能です。

「テキストボックスの追加」を押せば、普通のテキストボックスを出すこともできます。

テキストボックスを選択した状態で、矢印のあたりのメニューからフォントやサイズを変更することができます。

日本語フォントもおしゃれなものが非常に充実しています。

「背景」タブでは、背景画像を指定することができます。

単色の背景を設定することも可能です。

「アップロード」タブでは、 画像をアップロードして使用することができます。

「画像をアップロード」をクリックし、お好きな画像をアップロードしましょう。

これまでにアップロードした画像も表示されるので、そのまま使用することも可能です。

画像をダウンロードする

画像の編集が終わったら画像をダウンロードしましょう。

右上の「パブリッシュ」から「ダウンロード」を選択します。

ファイルの種類を選択して「ダウンロード」をクリックし、画像を保存します。

写真を使っている場合はファイルサイズが大きくなるのでJPEGで保存するか、ワードプレスにアップロードする際にJPEG変換しましょう。

作成した画像の管理

Canvaではこれまでに作成した画像の管理が可能です。

Canvaのトップページに戻って、「すべてのデザイン」をクリックします。

これまでに作成した画像の一覧が表示されます。

画像をクリックすれば再び編集が可能ですし、画像右肩あたりをクリックすればコピーを作成したりすることができます。

私は簡単な画像編集ならWindowsペイント、アイキャッチ画像などはCanvaで作成しています。

皆さんもCanvaでおしゃれな画像をたくさん作って下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました